1. ホーム
  2. 学生のキャッシング
  3. ≫キャッシングを学生が利用するなら銀行がおすすめ?

キャッシングを学生が利用するなら銀行がおすすめ?

銀行のキャッシングは学生に融資してくれるタイプも多いのです。
銀行は審査が厳しいと思われており、審査の通過確率に関しては低いと言えますが、消費者金融よりも有利なポイントもあるのです。
学生や専業主婦に対応したローンが多く、さらに低金利、総量規制の対象外になることです。
特に低金利で借りられるメリットは大きいので、初めてキャッシングを利用する学生には銀行をおすすめします。
学生が借入できる金額は少ないため、多少金利が高くても利息はあまり変わりません。
しかし、学生ローンの中には社会人になっても継続利用できるタイプもあり、社会人になってから借入額が数倍になることもありえます。
そうした状況も考慮すれば、キャッシングは1%でも低金利で借りたほうがお得と言えるでしょう。
キャッシングは契約してしまえば、その条件が契約完了まで継続するのです。
途中で金利が上がることは原則としてないので、契約時にいかに低金利で借りるかが重要となります。
低金利で借りることは、完済までに支払うべき金額を減らすことでもあります。
利息は手数料なので、たとえ1円でも支払いを減らすように工夫するべきでしょう。

キャッシングを利用する学生は、短期借入用のローンと割り切ったほうがよいでしょう。
長期的に借りると利息が増えてしまうので、10日より5日で返済したほうがよいのです。
無利息キャッシングも多く見られますが、有効期限が必ず設定されています。
そのため無利息期間のあるローンよりも、金利の低いローンをおすすめします。

銀行のキャッシングは借金をしたことが周囲にバレにくいというメリットがあります。
消費者金融だと店舗ATMを操作しているだけで、100%借金をしているとバレてしまうでしょう。
これに対して銀行は、ローン以外の出金・入金などで利用する方も多いです。
親や友達にバレずに借りたい学生には、銀行キャッシングをおすすめします。
初めてのローン利用ならば、消費者金融と審査の難易度は大きく変わりません。

ただし、銀行のカードローンは即日融資とはなかなかなりません。即日キャッシングを利用したいのであれば、やはり消費者金ということになります。