1. ホーム
  2. 学生のキャッシング
  3. ≫学生のキャッシングについて。親からの仕送りは収入に入る?

学生のキャッシングについて。親からの仕送りは収入に入る?

学生でも旅行に行ったり、運転免許を取得したり、一人暮らしのための家賃や敷金など、急にお金が必要になることはあります。

就職をしてなくてもキャッシングすることは可能です。キャッシングを申し込む際には、もちろん審査がありますが、ネットで手軽に行なえますので便利です。学生でキャッシングをするには条件がいくつかあります。

年齢が20歳を超えていることや、アルバイトなどで毎月の収入が見込めることです。アルバイトは半年か一年以上働き続けている方が審査は通りやすいです。親の仕送りは不安定なものであり、本人の収入ではありませんので、対象外と判断されます。

借り入れる金額も最小限にする方がいいでしょう。業者によっては、初めてキャッシングを利用する場合には無利息ローンサービスなどを行なっていることもありますので利用するのもいい方法です。女性ならば電話で詳細を聞くのが苦手な方もいますが、女性の担当者が対応してくれるレディースキャッシングも用意されています。

ネットで申し込みすれば30分ほどで審査の合否がわかりますので、通っていれば近くの自動契約機でカードを作ることができますので、自宅に届いて家族にバレることもありません。バレない方法としては、ネットで申し込む際に必要書類の受け取りを自宅にしないで、カードは機械で作り明細もネット管理にします。

連絡先は自宅の固定電話ではなく、携帯にします。毎月の返済金額は決められますが、返済を遅れないことが重要です。遅れてしまうと、連絡がいく可能性がありバレてしまうこともあります。

学生時代にキャッシングをしても個人情報が就職の際に影響することはまったくありませんので安心できます。キャッシングは学生にとって経済的に困った時の強い味方ですが、定職についてないアルバイトの状態は不安定ですので、キャッシングする際には必要以上の金額を借りないように、返済能力を考えて無理のない範囲での利用をすることが大切です。